成婚物語

N坂夫妻の場合

2017年8月結婚 / 交際期間5ヶ月
夫:Tさん43歳(結婚時)
妻:Rさん40歳(結婚時)
インタビュア:恋たまキューピッド・和田琢磨

出会い編

早速ですが出会いのきっかけを教えてください。
実は、婚活して2年くらいは年齢も年齢なんで焦ったりもしてなく仕事も忙しかったんで、まぁ「タイミングがあれば」くらいの気持ちだったんです。そんな時に親が購読している新聞を『埼玉新聞』に変えたタイミングで、この婚活EVENTの記事を目にして「これ行きなさい」と。たまたま有休が1日余っていたんで、まぁ行ってみるかくらいの軽い気持ちだったんです。
私は婚活EVENTの司会がたくまん(和田琢磨)だと知って、ファン心理から行ってみようかなと。上手くいかなくても、美味しいもん食べれて、たくまんに会えるしくらいの感じでしたw
お互いの第一印象はどうでしたか?
ちっちゃい人がいるなくらいで。まぁ、小さい人がどちらかと言えば好きかなくらいではありましたが。タイプだとかそういうのでもなく、たまたまw
実は自己紹介TIMEの時では全然印象になくて、フリータイムで珍しくワイン飲んでいたら「ワイン飲んでいるんですか?」と話しかけてくれて。マッチングで書く人も思い当たらずw 旦那の番号を書いたくらいの感じでした。
見た目はお互いタイプじゃなかったけどw 話していたらしっくりきたんですよ。

そんなお二人が会場で見事マッチング! さぁこの後どうなる? 次回はそんなお二人のデート編! もう話してる二人がニコニコしてて、こっちまで幸せな気持ちにさせられちゃいます! そんな二人に立ちはだかる壁はあるのか!

デート編

見事婚活EVENTでマッチングしたお二人! その後はどうなったのでしょうか?

さぁ、そしてそして、マッチングした後はどうしたんですか?
話していて、最初からなんだかしっくりきたんで。全然気負わなくていいというかw 婚活は、マッチングしてもその後どうもならないことが多いので、LINEの交換はマッチングの後にすぐさせてもらいました。
話していて面白かったし楽しかったし、ワインのチカラもあったんでw 実は帰りは色々理由をつけて駅まで手をつないでくれたんですよ。そこで「あれ? なんか楽しな」という感じにはなっていてw でもまぁ、その後どうなるかはわからない状態でしたからね。「これ、どうなるの?」みたいな。
おぉ! 素晴らしい行動力!!! で、その後の初デートはどんな感じでしたか?
実は初デートらしいことはなんもなくてw 出会ってから3日間、結構な量のLINEのやり取りをして。
もう本当にたくさんのやり取りをして。
そのやり取りの中で、すでに「結婚を前提にお付き合いしたい」と話していました。
おぉ!早い!すごい!よっぽど楽しい会話が繰り広げられたんですね!
で、数日後にちゃんと会って「結婚前提に付き合おう」と言ってくれたんです。話していくうちに、どんどんと「誠実でいい人だなぁ」と心境が変わってきてました。
すごい! Tさん男っすなぁ! 最初はタイプではない感じだったみたいだけど、この段階ではもう見た目とかは関係ないですね。やっぱりフィーリングというか相性というか。
まさにそんな感じでした。やっぱり、若い時の恋愛のような感じとは違うんですよね。「付き合ってダメなら断ってくれ」とは言っていました。最終的な判断は嫁次第でしたから。
色んなことを包み隠さず言葉にしてくれていたので、とってもわかりやすかったし、私も素な自分が出せましたね。

「すぐにデート!」というより早い段階で結婚を意識しだしたお二人! さぁ、何の障害もなくここまでやってきましたが、次はいよいよ結婚編です! 二人は無事に何ごともなく結婚までたどり着くのでしょうか?

結婚編

さぁ、いよいよ結婚編です。しばらく恋愛もしてなかったと話すお二人。
このままスルッと結婚までたどり着くのでしょうか?

ここまでは特に問題もなく順調な感じですね。プロポーズはどこでどんな風にされたんですか?
LINEでもしていたし、会った時も言っていたしw 「嫌になったら別れてくれていい」って言っていたんです。俗に言うプロポーズっていうのはなくて、自然の中でそんな感じになっちゃっていて。
それはそれで自然に流れを生んでいたんですね! で、親御さんにはどのようなタイミングで?
会って2週間後くらいに、親には「こういう人がいるんだ」と話していて。でも、最初は親に「そんな会って2週間で結婚前提になんて、その人本当に大丈夫なのか」とw
で、急遽嫁さんから連絡が来て、親御さんに会うことになったんですよ。仕事後で汚い感じだったんですけど、ちゃちゃっと着替えて行ったんです。で「恋たまで出会って・・・」と話させていただいて、お父さんも最初は「・・・」な感じでしたが、野球の話で盛り上がったりしてw
おぉ! 野球重要w
その後、旦那の親御さんに会いに行ったんですけど、その時点では旦那の親御さんたちははもう受け入れてくれていて。「Rちゃん、Rちゃん」て感じでw
なるほど! なんかいいなぁ。無理がない自分たちらしい大人の展開で。恋愛時期と結婚してみての違いはありますか?
そうですね。恋愛はかっこつけちゃうんですよね、いい男に見せちゃう。結婚は自然体というか生活というか、それが違いですかね。普段の自分をさらけ出せるというか。
早い段階でお互いが“恋人から家族へ”となんでも話せる感じになってたんで、本当に自然な流れでした。婚活の三日後に急遽深夜に会うことになって、その段階で時間が遅かったのですっぴんで会っちゃったんですよ。お風呂も入っちゃった後だったんで。それでも受け入れてもらって、なんだか嬉しかったですね!
お互い素を見せていくことに抵抗がなかったんですね。まさに運命の出会いとしか言いようがない!

どうやら恋愛期間をすっ飛ばして、早い段階で家族になっていったお二人! 次回はそんなお二人の今後の夢! 旦那様43歳 奥様40歳での出会い。どうやら年齢はあんまり関係ないのかもしれません!

未来編

さぁ「出会い、交際、結婚」と順調に進んでいったお二人。

未来への展望と婚活を頑張る皆さんにメッセージをいただきましたよ!

今後の二人の夢はありますか?
そうですね。大きな夢ではなくお互いに健康でいられて、そんなに欲もないですし自分たちの可能な範囲で生活できたらいいなと思っています。まぁ「お互いもうちょっと痩せよう」くらいですかねw
「相手の親も自分の親も、そしていずれ君の介護をすることも含めて俺の責任だ」と言ってくれていたので。旦那も私の介護をする覚悟があるし、私も旦那の介護をする覚悟があります。そんな話をできるのも、この年齢だからなのかなぁと。そういうところも20代の恋愛とは違いますね。
早い段階で家族になれたし、人生を一緒に歩むという想いが感じられますね。地に足がついていて本当に素敵です! 最後に婚活を頑張っている皆さんにメッセージを!
「この婚活が最後だ!」とか気負いすぎない方がいいと思います。「カップルにならなかったらダメだ」とか思いす過ぎないでください。
1番は諦めないこと。女性に声をかけられない人もいると思いますが、簡単な声掛けなどまずはダメもとで挨拶をしてみることですかね。「こんにちは、こんばんは」って。失敗することやうまくいかないことの方が多いのは、当たり前ですからね。出会いが簡単じゃないのは、もう皆さんわかっているとは思います。失敗は失敗じゃないですから。どうせとか、ダメだとか思わないことですね。
私も、最初に話しかけてもらえなかったら、今の幸せはないですからね。
やっぱりせっかくの人との出会いですし。
見た目がタイプかどうかは導入にはなりますけど、結局はコミュニケーションですからね。
挨拶は誰でもできることです。まずはそこから始めてみてください。女性は皆さんの声掛けを待っていますよ。
ということで、N坂ご夫妻ありがとうございました! 末永くお幸せに!
ありがとうございました。

挨拶は誰でもできること! 「そこから始めてください」とおっしゃるお二人。確かに、話してみないとわからないということは多いのかも知れません。見た目ももちろん重要な要素ですが、「会話の中に感じる何か」が大切なのかもしれません。「まずは挨拶から!」。人としての基本が大切なんだと改めて気が付かされました。「こんにちは」と声をかけてくれた勇気に笑顔で応えられたら、世界が変わるかもしれません。少しの努力とたくさんの誠実を! N坂夫妻から学んだことがたくさんありました。皆さんのご参考になれば嬉しいです!